派遣労働者雇用安定化特別奨励金

写真   派遣先の会社が、6カ月を超える期間継続して労働者派遣を受け入れていた業務に派遣労働者を、 無期又は6カ月以上の有期で、直接雇い入れる場合に、奨励金が支給されます。 意欲と技術に優れた派遣社員を自社の社員として戦力化する助成金です。
  6カ月を超える期間継続の労働者派遣が条件ですので、紹介予定派遣は対象外です。  平成28年3月31日までの暫定措置です。


中小企業の支給額

期間の定めのない労働契約の場合
6カ月経過後 50万円
1年6カ月経過後 25万円
2年6カ月経過後 25万円の計100万円

6カ月以上の期間の定めのある労働契約の場合(更新が明示されているものに限る)
6カ月経過後 30万円
1年6カ月経過後 10万円
2年6カ月経過後 10万円の計50万円


導入顧客の声

  金型の加工とプラスチック容器製造で従業員60人の▲社は、海外との価格競争、人件費の圧縮と雇用の調整弁に製造部では派遣社員を加工製造業務に従事させていました。また次代への技術継承を念頭に正社員として新人を採用しましたが定着せず、いよいよ優れた技術を有する熟練工が50代を迎えました。そこで、現在製造部で欠勤もなく勤務態度も真面目で協調性もあり派遣社員で1年ほど勤務するAさんを、技術継承を目指す期間の定めのない正社員として契約しました。  見込みどおりAさんは積極的に製造部員として技術を習得しています。
    正社員として契約してから6カ月経過後に50万円、1年6カ月経過後に25万円、2年6カ月経過後 に25万円の計100万円の支給がありました。
テーブルタグで指定しています。画像も入れ替えてください。画像のサイズは 110px x 100px です。